多発性硬化症とは |東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

多発性硬化症とは

多発性硬化症(MS)とは、髄鞘に炎症を生じ、視力の悪化や運動障害、麻痺などを生じる病気です。日本では10万人に3~5人の割合で発症するとされており、人種・性別によって発症率の差が確認されています(白人・女性に多い)。発病年齢は30歳前後が多く、高齢者や小児が発症する例はほとんどありません。

多発性硬化症(MS)を発病する原因はまだ特定されていませんが、免疫機能の異常によって生じるという説が有力視されています。また、人種による発病率の差から、遺伝的な要因を指摘する声もあります。一部に環境的な要因を示すデータもありますが、この病気が他人に感染したという例は過去に一度も報告されていません。よって、ウィルス説は否定されています。ちなみに、遺伝性を示す例は多発性硬化症全体の1パーセント程度だといわれています。

多発性硬化症(MS)は急性に発病するケースが多いといわれています。ただし、症状には個人差が大きく、経過も症例によって異なります。再発を繰り返しながら次第に症状が悪化していくケースもあれば、良好な状態を10年以上維持できる患者さんもいます。一方では、再発後に急速に状態が悪化し、寝たきりとなってしまう例もあるので、経過観察は慎重に行なう必要があります。

治療に際しては、症状に応じて数種類の薬物が使い分けられるケースが多いようです。残念ながら、薬物療法も含めて現在のところは根本的な治療法が発見されていません。適時、医師の診断、治療、指導を受けながら、根気よく「病と付き合う」姿勢が求められます。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ