網膜色素変性症と治療法 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

網膜色素変性症と治療法

物を見る、というのは目の奥の網膜( 1 億数千万個もの視細胞が集まる組織)という場所で光を感知し、脳に情報を送ります。その網膜の細胞の変性(働きが変わる(無くなる)こと)により脳へ送る情報が減り、だんだんと視野が狭くなる症状のことを言います。

しかし、進行の速さはゆっくりで 5 年~10 年で少し進行している具合です。

網膜色素変性症は今のところ治療法は確立されていません。研究対象にしている治療法が、①膜再生(再生医療)②網膜移植 ③人工網膜 ④遺伝子治療 などがあります。

現段階での治療は「症状の進行を遅らせる」ことを主体とした治療を行っています。

・強い光を避ける

   

視細胞は強い光を長時間受けると寿命が短くなることが動物実験で確認されています。この症状を持っている人は光を他の人よりまぶしく感じるため、普段からサングラスをかけると目を保護できます。(しっかり保護できるように眼科医にサングラスを選んでもらってください)屋外ではサングラスが必要ですが、屋内では光量が屋外の千倍近くも低いので必要ありません。

・薬の服用

暗順応改善薬、ビタミン剤、網膜循環改善薬などが対処療法的に処方されますが症状を遅らせているという証拠は今のところまだ得られていません。アダプチノールが現時点での一般的な処方薬になります。

網膜色素変性症に限らず、症状というのは体の状態が悪いと悪化していくので、状態を良くするためにバランスの取れた良い生活を心がけることが最良です。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ