治療薬 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

治療薬

網膜色素変性症を根本的に治療する医薬品は現在のところ存在しませんが、それでもいくつかの治療薬が症状の改善に効果をあげています。例えば、夜盲、視野狭窄に対しては「アダプチノール」という薬が効果を発揮するといわれています。アダプチノールには網膜の代謝を促進させる作用があり、網膜色素変性症の患者さんに対しては特に夜間の視界を良化させる働きが期待できます。比較的、副作用の少ない薬として知られていますが、処方は年齢や症状に応じて異なるので、医師の指示に従って服用する必要があります。 アダプチノールの副作用としては光に対しての感受性が高まり、羞明(まぶしさ)が強くなる場合があります。

この他、緑内障や高眼圧の治療薬として用いられる「ウノプロストン」=レスキュラ点眼液も網膜色素変性症への効果が確認されています。ただし、レスキュラ点眼液の作用には諸説あって(十分な効果が確認できない例もあり)、処方されるケースはあまりないようです。

欧米では、網膜色素変性症の患者に対してビタミン剤が処方される例が多いといわれています。中には試験的にビタミンAの大量投与を試みる場合もあるようですが、現在のところ十分な効果は確認できていません。

薬の効果には個人差がありますし、循環改善薬、点眼液、ビタミン剤を併用する例も多く、一概にどの薬がどの程度効くと断言することはできません。少数ではありますが、漢方薬の服用によって劇的に症状が改善したという例もあるようです。いずれにしても、医薬品は医師の指導のもとで適切な服用を心がけることが大切です。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ