網膜色素変性症治療の最前線 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

網膜色素変性症治療の最前線

残念ながら、現在のところ網膜色素変性症に対する根本的な治療法は見つかっていません。治療薬としてビタミン剤や網膜循環改善薬などが処方されることもありますが、あくまで病気の進行を遅らせる目的で使用されます。しかしながら、網膜色素変性症の患者さんが併発することの多い白内障や緑内障は治療が可能なので、これらの病気に対処することで視力の大幅な改善が見込めるケースもあります。

網膜色素変性症の治療法については、世界各国で広範な研究が行われており、今後十年の間に新たな治療法が確立される可能性も少なくないようです。実験段階では、遺伝子治療、網膜移植、人工網膜などの方法が試みとして行われています。治療の最前線では、ナノテクノロジーを応用し、目のなかに細胞をいれた小さなカプセルを埋め込むという方法も試験的に開始されています。

網膜色素変性症に対する心構えとしては、治そうというよりも「進行を遅くする」というスタンスで臨む方が多いようです。こまめに通院し検査を受け、できるだけ詳細に症状を把握しながら、日頃から目に負担をかけないような生活を送ることが大切になってきます。具体的には、強い光(直射日光)のもとではサングラスをかける、適度に目を休める習慣などが効果的だといわれています。

やはり医師の指導のもと、症状に応じたライフスタイルを確立することが推奨されています。将来的には完治する可能性も十分にある病気ですから、現状に諦めることなく、地道な取り組みを続けることが最善の治療法といえるでしょう。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ