網膜色素変性症で障害者手帳 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

網膜色素変性症で障害者手帳

網膜色素変性症の患者さんは、障害の程度によって障害者手帳を取得できるケースがあります。障害者手帳は、各自治体の担当窓口で手続きを行ない、「障害者認定」を受けることで取得することができます。障害者手帳を取得すると、様々な公的補助を受けることができるので、ぜひ申請をおすすめします。

等級によっては、毎月補助金を受け取ることことも可能です。また、公共の乗り物(電車、バスなど)については割引の対象となります。公共の施設についても、全額、もしくは半額以上の入場料が免除される制度があります。さらに、税金の減額制度も設けられており、取得者の収入にもよりますが、大幅な減税が期待できるケースもあります。そして何より、医療費に関する補助が大きいので、長期にわたって通院、治療が必要な網膜色素変性症の患者さんにとっては、大きなメリットが生じることになるでしょう。

障害者手帳を取得するためには、必ず医師の診断が必要になります。網膜色素変性症に関しては、視力検査、眼底検査、視野検査、網膜電図という4種類の検査で障害の程度を診断する例が多いようです。申請書は、各自治体の役所(地域福祉課や障害福祉課など)の窓口で受け取ります。視覚障害者認定が行える医師(認定医)のもとで診断を受けて、診断書を役所の担当窓口に提出、さらに書類に必要事項を記入すれば、申請手続きが完了します。

その後、申請してから認定がおりるまで、およそ1ヶ月程度の期間がかかるといわれています。障害者認定には「等級」が存在し、障害の程度によって補助の内容が異なります。等級は基本的に医師の診断によって決まりますが、ケースバイケースで判断の基準は異なるようです。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ