脊髄小脳変性症とリハビリテーション | 脊髄小脳変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

脊髄小脳変性症とリハビリテーション

積極的な取り組みが大切です

脊髄小脳変性症は、有効な治療法が確立されていないため、リハビリによる身体機能の改善・維持が重要になってきます。理学療法士や作業療法士など専門家の指導のもと、効果的なリハビリテーションを実践することで、主に手足の動きを中心に運動機能の改善が期待できます。

脊髄小脳変性症に対しては、医療の現場でも積極的にリハビリが実践されており、病状の進行を抑えるうえでかなりの成果を挙げています。リハビリに取り組まず病状を放置すると、障害の悪化が懸念されるため、日常的なリハビリに対しては患者やその家族も含め、できる限り積極的な取り組みが望ましいとされています。医療・福祉施設などで実施する定期的なリハビリに加え、毎日の運動や体操など、継続的な取り組みほどより良い効果が期待できるようです。習慣として体を動かすことが何よりも大切だといえるでしょう。

ただし、運動障害には怪我のリスクが伴うため、やはり専門家による適切な指導が欠かせません。自力で生活する場合は、家族や専門家のサポートを得ながら、家の中に手すりを設けたり、補助器具を用いたり、何らかの対策を講じましょう。

リハビリは言語障害に対しても効果的です。具体的には、腹式呼吸のトレーニングを行なったり、唇、舌の動かし方を学んだりして、よりクリアな発音ができるように練習します。言語障害の場合も、できるだけコミュニケーションを取ろうとする本人の積極的な姿勢、根気強く話を聞こうとする家族の姿勢などが大切になってきます。

リハビリテーションやケアの種類

歩行訓練 歩く能力の低下を予防し、歩行能力に応じて自助具を使い分けて行う。
自助具: 伝い歩き、介助歩き、杖、歩行器、押し車、車椅子など
重量負荷 重し付きの靴をはいたり、ふくらはぎに重りをつけて歩くことにより運動失調の進行を遅らせる。
弾性包帯 足を弾性包帯で巻くことにより、歩行障害や起立性低血圧を防ぐ目的がある
拘縮予防 身体を動かさないために関節周囲の軟部組織が硬くなり可動域が制限される。自動運動と他動運動を行い関節を動かしていく。
言語障害 話しにくい場合は、筆談を行うようにする。話す時もゆっくりわかりやすいように話しかけたり、しっかり聞く態度をみせるようにする。
嚥下障害 飲み込みやすい食品の形や大きさや硬さにして食べやすい状態にする。急がずにゆっくりと口に少しずつ食べ物を入れ、しっかりと噛むようにする。
至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ