脊髄小脳変性症と予後 | 脊髄小脳変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

脊髄小脳変性症と予後

日常的な取り組みが大事です

皮質性のケースとオリーブ橋小脳萎縮症

脊髄小脳変性症の予後には個人差が大きいといわれています。また、病型によっても予後が大きく異なり、症状の進行にもかなりの幅があるようです。例えば、小脳症状のみで経過する型であるとされる皮質性のケースについては、病状の進行が非常に遅く、生命予後(余命など命にかかわる予測)にもほとんど影響しないといわれています。一方で、オリーブ橋小脳萎縮症については、発病後は数年で急速に病状が悪化する例もあって、呼吸器感染症や尿路感染症のリスクが高まることから生命予後も大きく悪化する可能性が高いようです。

発症年齢と予後

予後を考えるうえでは発症年齢も重要です。たとえ進行の遅い病型であっても、若年で発症すると数十年かけて徐々に症状が悪化していき、日常生活に大きな支障をきたす例が多くなります。対して、高齢で発症すると、ほとんど症状を自覚しないままに一生を終える、ということも考えられるわけです。

日常的な取り組み次第で予後が良くなる

また、脊髄小脳変性症の予後については、患者の生活環境による影響も指摘されています。リハビリなど積極的に治療に取り組んだ場合と、日常的にベッド上で安静にしていた場合とでは、同じ病状であっても予後には大きな差が生じます。脊髄小脳変性症を発症している患者については、治療に取り組む姿勢が予後を良くも悪くもするのだということを認識しておく必要があるでしょう。根本的な治療は困難でも、日常的な取り組み次第で予後が良くなるということは覚えておいてください。

至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ