線条体黒質変性症の治療法 | 線条体黒質変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

線条体黒質変性症の治療法

線条体黒質変性症を根本的に治療(完治)する方法は、残念ながら存在しません。現在のところでは、対処療法による延命的な治療、生活の質を高めるための取り組みが限界とされています。ただし、予後も含めて線条体黒質変性症をとりまく状況は徐々に改善されていますから、画期的な新薬の開発など、遠くない将来に大きな前進が見られる可能性も否定できません。現在も世界各国の医療機関で研究が進められています。

線条体黒質変性症には「薬が効きにくい」という難点がありますが、それでもパーキンソン病の治療に用いられるドーパミン作動薬(パーロデル、ペルマックス、ドミンなど)が運動機能を改善する例も見られます。また、起立性低血圧や排尿障害、便秘など自律神経に関する症状については、抗コリン薬(ポラキス)、ノルアド レナリン遮断薬(ミニプレス)、コリン作動薬(ウブレチド)などの効果が認められており、多くの患者さんについて症状の緩和・改善が期待できます。

運動機能の維持・改善については、投薬治療よりもむしろ理学療法(リハビリ)による取り組みが推奨されています。具体的には、筋力トレーニング、各種の機能訓練、マッサージなどにより、いわゆる「寝たきり」の状態になる時期を遅らせることができるといわれています。闘病中は、病気に対する不安から、睡眠障害や抑うつ状態を生じる患者さんも少なくないようです。いずれも薬物療法(睡眠導入剤、抗うつ剤)によって症状の改善を図ることが可能です。

鍼灸治療では頭の反応区でもある「運動区」というツボを使用します。このツボを刺激すると身体の動きが良くなり、歩行の改善や運動機能の改善に繋がります。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ