東京都の鍼灸院|難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ
  • よくある質問

よくある質問

鍼灸はどんな症状に効くの?
鍼灸治療は、更年期障害や生理痛・不妊症 など各種婦人科疾患 、アトピーなどのアレルギー疾患 、 自律神経失調症 、不眠症や、難病、様々な疾患に有効です。
鍼が血管を傷つけるかどうか?
中国針は注射針や日本の鍼のように先端が鋭利でないため可能性としては少ないので安心して下さい。よほど粗雑な施術者でない限り少ないと思います。当院では臨床を重ねた施術者しかおりませんので御安心下さい。ただ、脈ではなく毛細血管(細静脈)にはどうしてもあたります。それよりも鍼の効果を考慮に入れていただければ、鍼の有効性は多大なものがあることがわかります。
鍼を打った後、内出血していますが大丈夫ですか?
鍼を打った後、ちょっとしたアザができたようになる場合がありますが何の悪影響もありませんので御安心下さい。打ち身と同じ原理なので1週間ほどで消えます。
鍼を打った後、体がだるくなることがあるんですが大丈夫ですか?
鍼を打つと体の循環が良くなり、だるくなったり眠くなったりすることがあります。特に鍼を初めて打つ方や御年配の方は多いようです。これも悪影響ではありませんので御安心下さい。鍼を打った後はゆっくりリラックスした環境を作ってください。
治療時間はどれくらいですか?
問診から背中の触診、背部側の鍼治療(15分)、マッサージ、腹部側の鍼治療(15分)という流れの全身治療になります。尚、最新の東洋医学と西洋医学の融合をはかった中医学(中国医学)による電気鍼治療です。 初回は細かな検査や問診が必要になってきますので一時間半位をみておいてください。次回からは一時間程の治療になります。
料金は?
初診料(検査・問診料)3,240円、治療費6,480円となります。
鍼の刺激については?
慣れるまでしばらく時間がかかる人もいるようです。その慣れにより即効性の効果が出る人と翌日効果が出てくる人に分かれるようです。
本場中国の中国針を使用し、打ち方も中国古来の方法ですので、日本の鍼とは異なる部分も多いようです。私が感じたのは刺激が強い分、多種多様な疾患に応用でき、適応が広がると言うことです。
消毒は大丈夫ですか?
医療機関と同様に高圧滅菌消毒器(オートクレーブ)を利用し、安全面には最善の注意を払っておりますのでご安心ください。尚、個人専用針(\10,800)を御希望の方は販売もいたします。先に申し出てください。
TOPへ戻る