東京都の鍼灸院|難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ

不妊症

月経痛月経不順に有効

不妊症は男女ともに気質的な異常の有無を診断し、原因を除去することは言うまでもありませんが、近年、こうした気質的な原因がないのに子供ができないと訴える患者さんが増加しているようです。
このような方々に対しては、中医学が有効な治療手段となるはずです。

その原典となる黄帝内経「素問」には{男女とも「腎気」(五臓六腑の一つ)が充実し、他の臓器に相通じることによって精気があふれ、陰陽が調和して生殖が可能}と説いています。

不妊症治療のつぼ

不妊症治療のツボ

ツボ療法としては、まず関元(かんげん)
おへそから直下に三寸(指幅3本)のところにあります。月経痛や月経不順にも特に有効です。

血海(けっかい)は膝蓋骨の内側面の上角から指幅3本分くらい上がったところにあります。
膝部をつかむような形で、強めに押しもんでください。血行を良くし、婦人病に良く効くツボの一つです。

三陰交(さんいんこう)のツボは、足の内くるぶしから指幅で3本分くらい上がったところにあります。気血循環を良くし、特に冷え症の方には不可欠のツボです。

中医学の診断では大きく実証と虚症に区別し治療を進めます。
女性の場合、実証タイプは子宮内膜にある毛細血管の血液循環が良く、受精卵は着床して安定しやすい傾向があります。虚症のタイプの方は子宮内が冷えるため、受精卵は着床しにくい状態になります。

前述の「腎気」を健全に強化させるためには、気血水の循環を整え、「冷え」には十分配慮することが大切です。特に足腰は絶対に冷やさないことです。

針灸治療の際、私は三陰交、血海、関元、足三里などのツボを患者さんの状態により選穴し、補助治療を行います。
これまでにたくさんの不妊症の方々を治療してきましたが、98%受胎に成功し、多くの患者さんや家族の方から無事出産との喜びの声や感謝の便りをいただいております。
ただ、やはり体質改善が必要なため、時間はかかってしまいます。人によってはすぐ体調が良くなったなどの方もいらっしゃいますが個人差はあります。御了承ください。

TOPへ戻る